VMware vSphere – vCenter Server Appliance のアップデート・アップグレード

vSphere

本記事では vCenter Server Appliance のアップデート・アップグレードの方法を紹介します.

vCenter Server Appliance のアップデートは難しいものではありませんので,脆弱性が出たらなるべくはやく対応しましょう.

VMware vSphere – vCenter Server Appliance のアップデート・アップグレード

vCenter Server のアップデート・アップグレードは,Windows からインストーラーを起動したアップグレードを行う方法,もしくは vCenter Server 管理インターフェイス (vCenter Server Management Interface / VAMI) から行う方法の2つがあります.

今回はブラウザーだけあればよいので簡便に行うことができますので,vCenter Server 管理インターフェイス (VAMI) から行う方法を解説します.

管理インターフェイスへログイン

vCenter Server Appliance の URL にポート番号 (5480) を指定してアクセスします.
https://<vCSA-Address>:5480/

管理者アカウント (通常は root) とパスワードを入力して「ログイン」をクリックします.

アップデートの実行 (再起動が不要なターゲットバージョン)

管理画面にログインできたら左メニューの「アップデート」をクリックします.

使用可能なアップデートにすべてリストされるといいのですが,リストされないケースがありますので「更新の確認」をクリックし「CD-ROM + URL の確認」をクリックして更新の確認を行います.

利用可能な一覧が表示されますので,アップデート・アップグレード先のバージョンを選択して「ステージング」をクリックします.
作業時間を纏めて取れる場合は「ステージングしてインストール」でも構いませんが,経験上2つのステップに分けて実施することをお勧めします.

アップデートパッケージのダウンロードが行われます.ステージングが完了するまでこのまま待ちましょう.

ステータスが「ステージング済み」になったことを確認します.

「インストール」をクリックしてアップデート・アップグレードを実行します.

エンドユーザー使用許諾契約書画面が表示されますので内容を確認のうえ「使用許諾契約書の条項に同意します」にチェックを付けて「次へ」をクリックします.

カスタマーエクスペリエンス改善プログラム (CEIP) の参加有無が確認されますので必要に応じてチェックの有無を判断ください.その上で「次へ」をクリックします.

アップデート・アップグレードにあたり,vCenter Server のバックアップが取得されていることの確認が求められます.
バックアップが存在する前提で「vCenter Server と、関連付けられたデータベースをバックアップしている」にチェックを入れて「完了」をクリックします.

アップデート・アップグレードが開始されますので,完了するまで待ちます.

すべての処理が終わったらこのような画面に戻りますので「閉じる」をクリックします.

現在のバージョンの詳細にて,選択・適用したバージョンになっていることを確認します.

以上,再起動が不要なターゲットバージョンの場合の手順になります.

アップデートの実行 (再起動が必要なターゲットバージョン)

管理画面にログインできたら左メニューの「アップデート」をクリックします.

使用可能なアップデートにすべてリストされるといいのですが,リストされないケースがありますので「更新の確認」をクリックし「CD-ROM + URL の確認」をクリックして更新の確認を行います.

利用可能な一覧が表示されますので,アップデート・アップグレード先のバージョンを選択して「ステージング」をクリックします.
作業時間を纏めて取れる場合は「ステージングしてインストール」でも構いませんが,経験上2つのステップに分けて実施することをお勧めします.

アップデートパッケージのダウンロードが行われます.ステージングが完了するまでこのまま待ちましょう.

ステータスが「ステージング済み」になったことを確認します.

「インストール」をクリックしてアップデート・アップグレードを実行します.

エンドユーザー使用許諾契約書画面が表示されますので内容を確認のうえ「使用許諾契約書の条項に同意します」にチェックを付けて「次へ」をクリックします.

カスタマーエクスペリエンス改善プログラム (CEIP) の参加有無が確認されますので必要に応じてチェックの有無を判断ください.その上で「次へ」をクリックします.

アップデート・アップグレードにあたり,vCenter Server のバックアップが取得されていることの確認が求められます.
バックアップが存在する前提で「vCenter Server と、関連付けられたデータベースをバックアップしている」にチェックを入れて「完了」をクリックします.

アップデート・アップグレードが開始されますので,完了するまで待ちます.

途中で再起動が入ります.その際に VMware vCenter Server 管理インターフェイスからログアウトされますので,ログインしなおしてください.

ログインするとインストール(アップデート・アップグレード)が進行中となりますので完了するまで待ちます.

すべての処理が終わったらこのような画面に戻りますので「閉じる」をクリックします.

再度セッションが切断されますのでログインしなおします.

現在のバージョンの詳細にて,選択・適用したバージョンになっていることを確認します.

以上,再起動が必要なターゲットバージョンの場合の手順になります.

vCenter Server Appliance のアップデートについての解説は以上となります.次回は ESXi のアップデートについて解説します.




seichan

ご連絡は X (twitter) の DM へお願いします.
AWS Certified Cloud Practitioner: https://www.credly.com/badges/020d959c-7f46-4b77-99ea-b54e70bc20a0
Nutanix Certified Professional - Multicloud Infrastructure 6
: https://www.credly.com/badges/f1a0f35b-730a-42ac-bf69-ccf6e51080f1
Palo Alto Networks System Engineer (PSE) - Hardware Firewall Professional: https://www.credly.com/badges/2cca4b78-8187-4798-a720-800a3517c418

seichanをフォローする
vSphere

seichanをフォローする




コメント

タイトルとURLをコピーしました