【確定拠出年金】運用成績報告: 2014年2月28日

確定拠出年金

本日は,ウクライナに端を発する大幅な下げとなりました.一時期 -350円 を超えるまで行きましたが,その後大分戻して結果 -188円 14,652円 となりました.
ドル円も円高推移は変わらず,有事のドル買いという言葉があるようですが,有事の円買い.ですよね.

【確定拠出年金】運用成績報告: 2014年2月28日

さて,2014年2月28日 の運用報告です.海外系の約定日が2月28日でその後週末を迎えた為更新されず,3月3日にやっと更新されました.

状況ですが,2月24日時点では「【確定拠出年金】運用成績報告: 2014年2月24日」で書いているとおりプラスに転じていましたが,その後の日本株式の不調と先進国株式の軟調で一転,マイナス収支となりました.

日本株式がこの所大きく下げ,少しずつ戻して,戻りきる頃にまた大きく下げ.というパターンになっておりプラスに戻る気配が有りません.

運用報告

先日以前「【確定拠出年金】運用割合変更とスイッチを実施」で書いたとおり,新興国株式と新興国債券のファンドをスイッチングし,外国株式と外国債券に移行した事と,配分を変更した・と書きましたが,その前に拠出分の注文が走っていますので,配分は「確定拠出年金の運用商品はなにが良いのか」で書いた状態のままとなっています.

その後,結局の所配分は今までどおりで続けよう.と思い直して、以前の状態(以下の表の配分)に戻しています.
ただ,一度スイッチングしていますので各拠出金額はこの表からは少しずれてしまっています.

商品指図割合拠出金額
DIAM国内債券インデックスファンド<DC年金>5%\1,275
三菱UFJDCトピックスオープン40%\10,200
DIAM外国債券インデックファンド<DC年金>10%\2,550
三菱UFJ DC新興国債券インデックスファンド5%\1,275
DIAM外国株式インデックスファンド<DC年金>30%\7,650
三菱UFJ DC新興国株式インデックスファンド10%\2,550

成績は次のとおりとなりました.
一度「【確定拠出年金】運用割合変更とスイッチを実施」でおバカなスイッチングをしたがために掛金よりも取得価額累計が低くなってしまいました.
掛金比もちゃんと出しておかないと損益が正しく把握できないな.と思いましたのでそれらの行も追加しました.

拠出金額合計102,000
取得価額累計101,507
資産評価額100,784
損益(拠出金比)-723 (-0.71%)
損益(掛け金日)-1,216(-1.19%)

ファンド名カテゴリー拠出金額評価額損益損益率
DIAM国内債券インデックスファンド国内債券5,1005,124240.47
三菱UFJDCトピックスオープン国内株式40,29038,683-1,607-3.99
DIAM外国債券インデックスファンド外国債券13,39813,434360.26
三菱UFJDC新興国債券インデックスファンド新興国債券1,7851,78610.05
DIAM外国株式インデックスファンド外国株式37,36438,1407762.07
三菱UFJDC新興国株式インデックスファンド新興国株式3,5703,617471.31
合計101,507100,784-723-0.71

キャプチャ画像も.


掛金累計と取得価額累計を正しく出すと,いかに前回のスイッチングがおバカな選択だったか痛感します.
事態が起こってからではなくその前にスイッチングするならまだしも,起こった後では意味が無い (むしろマイナス) だという事を学びました.

以上,確定拠出年金の運用報告でした.




seichan

ご連絡は X (twitter) の DM へお願いします.
AWS Certified Cloud Practitioner: https://www.credly.com/badges/020d959c-7f46-4b77-99ea-b54e70bc20a0
Nutanix Certified Professional - Multicloud Infrastructure 6
: https://www.credly.com/badges/f1a0f35b-730a-42ac-bf69-ccf6e51080f1

seichanをフォローする
確定拠出年金

seichanをフォローする




コメント

タイトルとURLをコピーしました