オートローダ GET だぜっ!!

IBM の DDS4 オートローダを GET しました.Seichan です.
Yahoo!! オークションで,それなりな価格で出品されていたので,思い切って落札してみました.
# 他にも安いのがあったんだけど,外付けだったり,きちゃなかったりで,躊躇
で,月曜日に届いて,早速動作確認.


まずは,オートローダと,マガジンと,買ってきた & 家にあった DDS4 カートリッジをパチリとな.

マガジンに,カートリッジをフル装填したら,こんな感じになった.

このオートローダ,5 インチベイ 2 つ分の高さなので,家にあるケースだと,1つしか取り付けられそうな物が無い.今のケースって,1 ユニット毎に出っ張りがあるから…

なので,ちょっとばかり現役引退のケースを急遽用意.今まで DDS4 ドライブを付けていたマシンの中身を移植.
組み立ててー.電源入れてー.ぱちりとな.
マガジンを突っ込んでないので,こんなメッセージが.

マガジンを入れてしばらくすると.ちゃんと 6 つ表示されました.ステータスは Ready.

さてさて,FreeBSD でどうやってチェンジャを制御するんかいな? とマニュアルをあさってみた所,chio というコマンドがあるじゃないですか.
早速ステータスを表示してみよう.

ayanami# chio -f /dev/ch0 status
picker 0:
slot 0: <ACCESS,FULL>
slot 1: <ACCESS,FULL>
slot 2: <ACCESS,FULL>
slot 3: <ACCESS,FULL>
slot 4: <ACCESS,FULL>
slot 5: <ACCESS,FULL>
drive 0: <ACCESS>

こんなんでました.
じゃぁ,slot 0 のカートリッジを drive 0 に移動してみましょうか.

ayanami# chio -f /dev/ch0 move slot 0 drive 0
ayanami# chio -f /dev/ch0 status
picker 0:
slot 0: <ACCESS>
slot 1: <ACCESS,FULL>
slot 2: <ACCESS,FULL>
slot 3: <ACCESS,FULL>
slot 4: <ACCESS,FULL>
slot 5: <ACCESS,FULL>
drive 0: <ACCESS,FULL>

ちゃんと slot 0 から移動しましたねぇ〜.と言うわけで,ここまでの動作には問題ないようです.
今度,tar やら dump やらでテストバックアップしてみましょうか.
所で,チェンジャドライブの場合,tar も dump も微妙です.
tar はマルチボリュームに対応していないので,1バックアップ1メディアにしておかないと駄目.
dump は… コマンドで,テープの長さを指定した場合だと,足りない場合は次のメディアに交換を促すようだけど,メディアサイズが違ったら駄目じゃん?
amanda やらをきちんと勉強するか...




seichan

ご連絡は X (twitter) の DM へお願いします.
AWS Certified Cloud Practitioner: https://www.credly.com/badges/020d959c-7f46-4b77-99ea-b54e70bc20a0
Nutanix Certified Professional - Multicloud Infrastructure 6
: https://www.credly.com/badges/f1a0f35b-730a-42ac-bf69-ccf6e51080f1

seichanをフォローする
FreeBSD

seichanをフォローする




コメント

  1. crasher より:

    いろいろ気になるんだけど、やっぱり一番は、”ayanami”だと思うんだw

タイトルとURLをコピーしました