*

GEOM RAID1 を管理する

公開日: : 最終更新日:2014/02/03 FreeBSD, GEOM

Seichan です.こんばんわ.
前回の「GEOM RAID0 と GEOM RAID1 の組み合わせ」で書いた通り今回は RAID1 ボリュームの管理について触れてみたいと思います.
いつもの通り,こちらも同様に Pukiwiki の「FreeBSD で GEOM を試してみる」に以前書いていて、新バージョンでの焼き直しになります.

 SPONSORED LINK
 

1. RAID1 の管理

RAID1 の管理といいつつ,あまり多くなく,ディスク障害時の対応であったり,バックアップ時の手法であったりです.

2. ディスク交換/リビルド

多くのシチュエーションとして,RAID1 ボリュームの片方が障害となった場合のディスク交換,リビルドがあります.
ここに,da1da2 の2本で RAID1 を構成している環境があります.

# gmirror status
          Name    Status  Components
mirror/raid1-1  COMPLETE  da1 (ACTIVE)
                          da2 (ACTIVE)
[/sheel]

この環境の <strong>da2</strong> ディスクが障害となり,OS から見えなくなってしまいました.

1
# gmirror status
          Name    Status  Components
mirror/raid1-1  DEGRADED  da1 (ACTIVE)

da3 を追加して da1 のペアとする場合の方法は以下のような形となります.
gmirror forget は切断されたデバイスを忘れ去るコマンドです.上記のように status に載らなければ不必要な場合が多いのですが,駄目な場合もありました.ですのでおまじないの意味も含めて実行しておきます.
その後,gmirror insert で新規ディスクを接続します.接続が完了するとリビルドが自動的に開始されます.

# gmirror forget raid1-1
# gmirror insert raid1-1 /dev/da3

# gmirror status
          Name    Status  Components
mirror/raid1-1  DEGRADED  da1 (ACTIVE)
                          da3 (SYNCHRONIZING, 10%)

status でディスクのステータスが SYNCHRONIZINGACTIVE になり,RAID のステータスが COMPLETE なれば同期完了となります.

# gmirror status
          Name    Status  Components
mirror/raid1-1  COMPLETE  da1 (ACTIVE)
                          da3 (ACTIVE)

D2D バックアップとして利用してみる

あまり良い方法ではないとは思いますが,やらないよりは全然ましな方法として,RAID1 のミラーの片割れをオフラインにしてバックアップとする.という運用があったりします.ハードウェア RAID の場合,
RAID の片割れを抜き,予備ディスクを挿入してリビルドを走らせる.という形です.
GEOM RAID1 は複数ミラーが構成できますので,2本で RAID1 を構成している所にもう1本追加し,3面ミラーの構成を取ることができます.3面ミラー構成後,1本を RAID から切り離してオフライン保管を行う.という運用が可能になり,この方法を取る事で冗長性が欠ける事無く D2D のバックアップが出来る.という事になります.

ここに,上述の方法でリビルドした RAID1 ボリュームがあります.

# gmirror status
          Name    Status  Components
mirror/raid1-1  COMPLETE  da1 (ACTIVE)
                          da3 (ACTIVE)

この構成にもう1本ディスクを追加して3面ミラーを構成してみます.insert サブコマンドで追加したいディスクを指定すると,3面ミラーが構成されリビルドが開始されます.
リビルドが完了した事を確認し,1本のディスクを RAID1 ボリュームから切り離します.

# gmirror insert raid1-1 da4
# gmirror status
          Name    Status  Components
mirror/raid1-1  DEGRADED  da1 (ACTIVE)
                          da3 (ACTIVE)
                          da4 (SYNCHRONIZING, 3%)

# gmirror status
          Name    Status  Components
mirror/raid1-1  COMPLETE  da1 (ACTIVE)
                          da3 (ACTIVE)
                          da4 (ACTIVE)

# gmirror remove raid1-1 da4
# gmirror status
          Name    Status  Components
mirror/raid1-1  COMPLETE  da1 (ACTIVE)
                          da4 (ACTIVE)

忘れてはいけないのが,切り離したディスクのメタデータを削除することです.これを忘れると,次にディスクを挿入した際に自動で RAID に組み込まれてしまい,意図しない同期が走る可能性があります.
メタデータの消去は gmirror clear で実施出来るのですが,なぜかエラーが出力されてしまいます.なのですが,実際はクリアされているようです.その為,必ず gmirror dump コマンドでメタデータが存在しているのかの確認を行うようにしましょう.次の様に「Can’t read metadata」と表示されれば,メタデータが存在しないことになります.

# gmirror clear da3
Can't clear metadata on da3: Invalid argument.
gmirror: Not fully done.

# gmirror dump /dev/da3
Can't read metadata from /dev/da3: Invalid argument.

と以上 RAID1 の管理でした.次回は… ディスクの連結(コンカチネーション)についてふれたいと思います.

SPONSORED LINK
  ☆ ブログランキング参加しました (*≧∀≦)ノシ
にほんブログ村 IT技術ブログ FreeBSDへ 

関連記事

FreeBSD

GEOM のモジュールを理解する

Seichan です.こんばんわ. GEOM の状態がどういう風になっているのかを確認したい.なん

記事を読む

FreeBSD

FreeBSD で NFS (1) 【NFS概要】

Seichan です.こんばんわ.今年もあと1時間を切りました... ちょっと GEOM 以外に行

記事を読む

FreeBSD

FreeBSD で NFS (2) 【NFSサーバ設定と /etc/exports 詳解】

Seichan です.こんばんわ.あけましておめでとうございます. 前回「FreeBSD で NF

記事を読む

FreeBSD

GEOM RAID0 を使ってみる

Seichan です.こんばんわ. 前回「GEOM のモジュールを理解する」でも書きましたが,GE

記事を読む

no image

祝(?) 180,000Km & watchdog timeout…

こんばんわ.Seichan です.最近さらにバタバタと過ごしております. まったりする時間が欲しい

記事を読む

Qmail.Logo_.lg_-300x300

ucspi-tcp (SSL Patch) と ucspi-ssl (TLS Patch)

Seichan です.qmail 関連の SSL/TLS 化を考えてます.特に SMTP(submi

記事を読む

no image

6.2-PRERELEASE

今日(昨日)会社を休んでだるだるすごしていた Seichan です. でも,会社(部)の飲み会にはし

記事を読む

no image

qmail で SMTP-AUTH 環境を作ってみたけど…

咳が止まらず死ぬほどしんどいので会社休んで医者通いしてきた Seichan です.こんばんわ… 無く

記事を読む

no image

FreeBSD 6.0 RELEASE キター

newvers.sh のコミットログには Welcome to 6.0-RELEASE. の文字が.

記事を読む

no image

qmail で SMTP-AUTH がでけたぽぃ

苦節3日.Yuuji Hirose さん作の SMTP-AUTH with qmapop schem

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Google Adsense

ssl_icon
PHPki で簡単証明書運用 (5) 【管理ユーザのメンテナンスとCRLの取得】

Seichanです.こんばんわ. いつものとおり,だいぶ日が経ってし

ssl_icon
PHPki で簡単証明書運用 (4) 【作成した証明書を管理する】

Seichanです.こんばんわ. 先日の「PHPki で簡単証明書運

ssl_icon
PHPki で簡単証明書運用 (3) 【署名されたサーバ証明書を作る】

Seichan です.こんばんわ. さて,先日の「PHPki で簡単

ssl_icon
PHPki で簡単証明書運用 (2) 【初期設定と Root CA 証明書作成】

Seichan です.こんばんわ. さて,先日の「PHPki で簡単

ssl_icon
PHPki で簡単証明書運用 (1) 【PHPki の修正と導入 (修正版)】

Seichan です.こんばんわ. 先日「PHPki で簡単証明書運

→もっと見る

PAGE TOP ↑