*

GEOM RAID1 を管理する

公開日: : 最終更新日:2014/02/03 FreeBSD, GEOM

Seichan です.こんばんわ.
前回の「GEOM RAID0 と GEOM RAID1 の組み合わせ」で書いた通り今回は RAID1 ボリュームの管理について触れてみたいと思います.
いつもの通り,こちらも同様に Pukiwiki の「FreeBSD で GEOM を試してみる」に以前書いていて、新バージョンでの焼き直しになります.

 SPONSORED LINK
 

1. RAID1 の管理

RAID1 の管理といいつつ,あまり多くなく,ディスク障害時の対応であったり,バックアップ時の手法であったりです.

2. ディスク交換/リビルド

多くのシチュエーションとして,RAID1 ボリュームの片方が障害となった場合のディスク交換,リビルドがあります.
ここに,da1da2 の2本で RAID1 を構成している環境があります.

# gmirror status
          Name    Status  Components
mirror/raid1-1  COMPLETE  da1 (ACTIVE)
                          da2 (ACTIVE)
[/sheel]

この環境の <strong>da2</strong> ディスクが障害となり,OS から見えなくなってしまいました.

1
# gmirror status
          Name    Status  Components
mirror/raid1-1  DEGRADED  da1 (ACTIVE)

da3 を追加して da1 のペアとする場合の方法は以下のような形となります.
gmirror forget は切断されたデバイスを忘れ去るコマンドです.上記のように status に載らなければ不必要な場合が多いのですが,駄目な場合もありました.ですのでおまじないの意味も含めて実行しておきます.
その後,gmirror insert で新規ディスクを接続します.接続が完了するとリビルドが自動的に開始されます.

# gmirror forget raid1-1
# gmirror insert raid1-1 /dev/da3

# gmirror status
          Name    Status  Components
mirror/raid1-1  DEGRADED  da1 (ACTIVE)
                          da3 (SYNCHRONIZING, 10%)

status でディスクのステータスが SYNCHRONIZINGACTIVE になり,RAID のステータスが COMPLETE なれば同期完了となります.

# gmirror status
          Name    Status  Components
mirror/raid1-1  COMPLETE  da1 (ACTIVE)
                          da3 (ACTIVE)

D2D バックアップとして利用してみる

あまり良い方法ではないとは思いますが,やらないよりは全然ましな方法として,RAID1 のミラーの片割れをオフラインにしてバックアップとする.という運用があったりします.ハードウェア RAID の場合,
RAID の片割れを抜き,予備ディスクを挿入してリビルドを走らせる.という形です.
GEOM RAID1 は複数ミラーが構成できますので,2本で RAID1 を構成している所にもう1本追加し,3面ミラーの構成を取ることができます.3面ミラー構成後,1本を RAID から切り離してオフライン保管を行う.という運用が可能になり,この方法を取る事で冗長性が欠ける事無く D2D のバックアップが出来る.という事になります.

ここに,上述の方法でリビルドした RAID1 ボリュームがあります.

# gmirror status
          Name    Status  Components
mirror/raid1-1  COMPLETE  da1 (ACTIVE)
                          da3 (ACTIVE)

この構成にもう1本ディスクを追加して3面ミラーを構成してみます.insert サブコマンドで追加したいディスクを指定すると,3面ミラーが構成されリビルドが開始されます.
リビルドが完了した事を確認し,1本のディスクを RAID1 ボリュームから切り離します.

# gmirror insert raid1-1 da4
# gmirror status
          Name    Status  Components
mirror/raid1-1  DEGRADED  da1 (ACTIVE)
                          da3 (ACTIVE)
                          da4 (SYNCHRONIZING, 3%)

# gmirror status
          Name    Status  Components
mirror/raid1-1  COMPLETE  da1 (ACTIVE)
                          da3 (ACTIVE)
                          da4 (ACTIVE)

# gmirror remove raid1-1 da4
# gmirror status
          Name    Status  Components
mirror/raid1-1  COMPLETE  da1 (ACTIVE)
                          da4 (ACTIVE)

忘れてはいけないのが,切り離したディスクのメタデータを削除することです.これを忘れると,次にディスクを挿入した際に自動で RAID に組み込まれてしまい,意図しない同期が走る可能性があります.
メタデータの消去は gmirror clear で実施出来るのですが,なぜかエラーが出力されてしまいます.なのですが,実際はクリアされているようです.その為,必ず gmirror dump コマンドでメタデータが存在しているのかの確認を行うようにしましょう.次の様に「Can’t read metadata」と表示されれば,メタデータが存在しないことになります.

# gmirror clear da3
Can't clear metadata on da3: Invalid argument.
gmirror: Not fully done.

# gmirror dump /dev/da3
Can't read metadata from /dev/da3: Invalid argument.

と以上 RAID1 の管理でした.次回は… ディスクの連結(コンカチネーション)についてふれたいと思います.

SPONSORED LINK
  ☆ ブログランキング参加しました (*≧∀≦)ノシ
にほんブログ村 IT技術ブログ FreeBSDへ 

関連記事

no image

qmail SMTP-AUTH imapext

imapext ML を見てみたら,Yuuji Hirose さんが,imapext 形式のパスワー

記事を読む

no image

FreeNAS

眠れないので,ある程度かいてみるテスト(汗) な Seichan です.こばわ. FreeNAS で

記事を読む

no image

FreeBSD 5.3-RELEASE がリリース

突然,5.3-RC1 に戻った,前回のリリース騒ぎ.今回はきちんとリリースされ,アナウンスされた.

記事を読む

FreeBSD

FreeBSD で NFS (4) 【NFSクライアントとマウントオプション】

Seichan です.こんばんわ. 前回「FreeBSD で NFS (3)」までは NFS Se

記事を読む

pukiwiki-official

pukiwiki を PHP 5.4 に対応させる方法 (2)

Seichan です.こんばんわ. pukiwiki を PHP 5.4 に対応させる方法 (1)

記事を読む

no image

Courier-imap の LDAP 化

Seichan です.ねむっ とりあえず,いい加減,Courier-imap を使う上で,完全な L

記事を読む

no image

FreeNAS と m0n0wall

そういや,FreeSBIE で色々遊んでるわけなのだが, FreeNAS が気になる. 今の Fil

記事を読む

ssl_icon

PHPki で簡単証明書運用 (3) 【署名されたサーバ証明書を作る】

Seichan です.こんばんわ. さて,先日の「PHPki で簡単証明書運用 (2) 【初期設定

記事を読む

no image

FreeBSD には関係ないが

CIFS は1アクション毎のやり取りが多すぎる.この為,リモートからのファイル送受信はとてつもなく時

記事を読む

no image

RAID

RAID Level が悩ましい Seichan です.風呂上り.さっぱり.乾燥して体かゆっ ATA

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Google Adsense

ssl_icon
PHPki で簡単証明書運用 (5) 【管理ユーザのメンテナンスとCRLの取得】

Seichanです.こんばんわ. いつものとおり,だいぶ日が経ってし

ssl_icon
PHPki で簡単証明書運用 (4) 【作成した証明書を管理する】

Seichanです.こんばんわ. 先日の「PHPki で簡単証明書運

ssl_icon
PHPki で簡単証明書運用 (3) 【署名されたサーバ証明書を作る】

Seichan です.こんばんわ. さて,先日の「PHPki で簡単

ssl_icon
PHPki で簡単証明書運用 (2) 【初期設定と Root CA 証明書作成】

Seichan です.こんばんわ. さて,先日の「PHPki で簡単

ssl_icon
PHPki で簡単証明書運用 (1) 【PHPki の修正と導入 (修正版)】

Seichan です.こんばんわ. 先日「PHPki で簡単証明書運

→もっと見る

PAGE TOP ↑