*

GEOM RAID0 と GEOM RAID1 の組み合わせ

公開日: : 最終更新日:2014/02/03 FreeBSD, GEOM

Seichan です.こんばんわ.
前回の「GEOM RAID1 を使ってみる」に続いて今回は RAID0 と RAID1 の組み合わせに触れてみたいと思います.
こちらも同様に Pukiwiki の「FreeBSD で GEOM を試してみる」に以前書いていて、新バージョンでの焼き直しになります.

 SPONSORED LINK
 

1. RAID10 とは

いつものとおり,簡単に RAID10 について説明してみます.
RAID10 は RAID1 (ミラーリング)のセットを複数用意して,それら RAID1 セットを纏めて RAID0 (ストライプ) の大きなディスクグループを作成したものです.RAID10 の大きな利点は,RAID1 の信頼性と RAID0 のパフォーマンスのいいとこ取りの構成です.

別の機会に詳細に書きますが,他の RAID 構成で,RAID5 等があり,これらも冗長性とパフォーマンスを両立させる手法ではありますが,パリティオーバーヘッドなどがあり,書き込みのパフォーマンスが低くなってしまいます.RAID5 等に比べ,RAID10 は書き込みオーバーヘッドも無く,純粋に RAID0 分のディスクパフォーマンスが期待できます.
デメリットは,RAID1 のセットを用意する為,用意するディスク本数の半分の容量しか利用できない.という事になります.ですが,このデメリットがあっても DB やメールサーバ等はパフォーマンスを優先させる必要があるため,RAID10 を採用するケースが多いです.

2. GEOM の重ねがけで RAID10 を構成する

GEOM の利点は重ねがけが出来るというところを「GEOM のモジュールを理解する 」でも書きました.
RAID0 と RAID1 を重ねがけすることで,RAID10 を構成することが可能になります.
ですので,RAID10 を構成するには,上述の通り,RAID1 のセットを RAID0 で纏める事になります.実際にやってみましょう.

はじめに kernel module がロードされているかを確認し,ロードされていなければ明示的にロードしてください.RAID10 を構成しますので,kldload geom_mirrorkldload geom_stripe の2つをロードする必要があります.

# kldstat
Id Refs Address            Size     Name
 1    1 0xffffffff80200000 15b93c0  kernel

# kldload geom_stripe
# kldload geom_mirror

# kldstat
Id Refs Address            Size     Name
 1    5 0xffffffff80200000 15b93c0  kernel
 3    1 0xffffffff81812000 4900     geom_stripe.ko
 4    1 0xffffffff81817000 fe84     geom_mirror.ko

2つの kernel module がロードされたら,RAID1 のディスクを複数作成します.
本環境では,da1 – da4 の4つのディスクを用意しましたので,da1 と da2,da3 と da4 のペアを作成します.その後,作成されたか status サブコマンドで確認します.
ちなみに,ディスクサイズは全て 20GB です.

# gmirror label raid1-1 da1 da2
# gmirror label raid1-2 da3 da4

# gmirror status
          Name    Status  Components
mirror/raid1-1  COMPLETE  da1 (ACTIVE)
                          da2 (ACTIVE)
mirror/raid1-2  COMPLETE  da3 (ACTIVE)
                          da4 (ACTIVE)

RAID1 のセットを複数作成したら,今度はそのセットを RAID0 で束ねます.
本環境では,先ほど作成した raid1-1raid1-2 の2つを使用して RAID0 を構成します.GEOM 化されたデバイスを指定する際,gmirror status サブコマンドで表示されているデバイス名を指定する必要がありますので注意してください.作成後,状態を status サブコマンドで確認します.

# gstripe label raid0-1 mirror/raid1-1 mirror/raid1-2

# gstripe status
          Name  Status  Components
stripe/raid0-1      UP  mirror/raid1-1
                        mirror/raid1-2

作成した raid0-1 の詳細を次に表示してみます.raid1-1 及び raid1-2 は20GB のディスクを RAID1 化しているので 20GB のままです.raid0-1 はそれら 20GB ディスクを2セット束ねますので 40GB となります.
RAID10 構成ですので,20GB のディスクを4つ用意したのですが,実用量は 40GB となっているのがわかるかと思います.

# gstripe list
Geom name: raid0-1
State: UP
Status: Total=2, Online=2
Type: AUTOMATIC
Stripesize: 65536
ID: 3885522219
Providers:
1. Name: stripe/raid0-1
   Mediasize: 42949541888 (40G)
   Sectorsize: 512
   Stripesize: 65536
   Stripeoffset: 0
   Mode: r0w0e0
Consumers:
1. Name: mirror/raid1-1
   Mediasize: 21474835968 (20G)
   Sectorsize: 512
   Mode: r0w0e0
   Number: 0
2. Name: mirror/raid1-2
   Mediasize: 21474835968 (20G)
   Sectorsize: 512
   Mode: r0w0e0
   Number: 1

と以上 RAID10 でした.次回は… RAID1 ボリュームの管理や色々な使い方にふれたいと思います.

SPONSORED LINK
  ☆ ブログランキング参加しました (*≧∀≦)ノシ
にほんブログ村 IT技術ブログ FreeBSDへ 

関連記事

ssl_icon

PHPki で簡単証明書運用 (1) 【PHPki の修正と導入 (修正版)】

Seichan です.こんばんわ. 先日「PHPki で簡単証明書運用 (1)」を書いたのですが、

記事を読む

FreeBSD

GEOM RAID0 を使ってみる

Seichan です.こんばんわ. 前回「GEOM のモジュールを理解する」でも書きましたが,GE

記事を読む

ssl_icon

PHPki で簡単証明書運用 (4) 【作成した証明書を管理する】

Seichanです.こんばんわ. 先日の「PHPki で簡単証明書運用 (3) 【署名されたサーバ

記事を読む

wordpress-logo-100x100

Movable Type 4.23 から WordPress 3.7 に移行

Seichanです.こんばんわ. 今まで Movable Type を使っていたのですが,アップグ

記事を読む

no image

MovableTypeを入れてみた

FreeBSD なサーバにこの blog ツールである,MovableType を入れてみた. DB

記事を読む

no image

FreeBSD には関係ないが

CIFS は1アクション毎のやり取りが多すぎる.この為,リモートからのファイル送受信はとてつもなく時

記事を読む

vmware_logo

VMware Server 上の FreeBSD の時刻がずれる

仕事中の Seichan です.忘れやすいので,メモメモ.隣の席の人から,「いつも見てるのに更新され

記事を読む

no image

djbdns

新しく入れ替えたマシンですが,当然サーバソフトウェアは入っていません. 同居人に実習形式で導入しても

記事を読む

freenas-logo-black

FreeNAS 0.69 (Kwisatz Haderach) の日本語環境アップデート

おひさしぶりです.Seichan です.FreeNAS 0.69 が出てからちょっと立ちました.とて

記事を読む

no image

データは何処に旅立った?

さて,でーたがとんだ?で報告した PostreSQL のデータですが,どうやら彼方へ旅立っていたよう

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Google Adsense

ssl_icon
PHPki で簡単証明書運用 (5) 【管理ユーザのメンテナンスとCRLの取得】

Seichanです.こんばんわ. いつものとおり,だいぶ日が経ってし

ssl_icon
PHPki で簡単証明書運用 (4) 【作成した証明書を管理する】

Seichanです.こんばんわ. 先日の「PHPki で簡単証明書運

ssl_icon
PHPki で簡単証明書運用 (3) 【署名されたサーバ証明書を作る】

Seichan です.こんばんわ. さて,先日の「PHPki で簡単

ssl_icon
PHPki で簡単証明書運用 (2) 【初期設定と Root CA 証明書作成】

Seichan です.こんばんわ. さて,先日の「PHPki で簡単

ssl_icon
PHPki で簡単証明書運用 (1) 【PHPki の修正と導入 (修正版)】

Seichan です.こんばんわ. 先日「PHPki で簡単証明書運

→もっと見る

PAGE TOP ↑