mkesmtpdcert


Name - 名前

  • mkesmtpdcert -- Create a secure SMTP test certificate
    • mkesmtpdcert -- セキュア SMTP の為のテスト証明書を作成

Synopsis - 書式

/usr/lib/courier/sbin/mkesmtpdcert

DESCRIPTION - 説明

  • Secure ESMTP requires a valid, signed, X.509 certificate. The default location for the certificate file is /usr/lib/courier/share/esmtpd.pem. The mkesmtpdcert generates a self-signed X.509 certificate, mainly for testing. For production use the X.509 certificate must be signed by a recognized certificate authority, in order for mail clients to accept the certificate.
    • セキュア ESMTP は有効な,サインされた X.509 証明書を必要とします.証明書ファイルのデフォルトの位置は /usr/lib/courier/share/esmtpd.pem です.mkesmtpdcert は主にテストの為の自己署名した X.509 証明書を生成します.本番で使用する為には,X.509 証明書は,メールクライアントが証明書を受信出来るように,認定された認証局によってサインされなければなりません.
  • /usr/lib/courier/share/esmtpd.pem must be owned by the daemon user and have no group or world permissions. The mkesmtpdcert command will enforce this. To prevent an unfortunate accident, mkesmtpdcert will not work if /usr/lib/courier/share/esmtpd.pem already exists.
    • /usr/lib/courier/share/esmtpd.pem はデーモンユーザが所有していなければならず,グループ又はその他がパーミッションを持っていてはなりません.mkesmtpdcert コマンドはこれを強制します.不運なアクシデントを防止する為,/usr/lib/courier/share/esmtpd.pem が存在した場合,mkesmtpdcert は働きません.
  • mkesmtpdcert requires OpenSSL to be installed.
    • mkesmtpdcert は OpenSSL がインストールされている必要があります.

SEE ALSO - 参照

courier(8)

オリジナルドキュメント

http://www.courier-mta.org/mkesmtpdcert.html


Hiroyuki Seino http://www.seichan.org/ http://www.seichan.org/blog/
Today:2 Yesterday:0 All:3278