DisplayChdir?


名前

DisplayChdir? -- ディレクトリに入る際にファイルをディスプレイにセットする

概要

DisplayChdir? DisplayChdir? filename [ true ]]

デフォルト
    None
コンテキスト
    server config, <Global>, <VirtualHost?>, <Anonymous>, <Directory>
モジュール
    mod_core
互換性
    1.3.1rc1 以降

説明

DisplayFirstChdir? ディレクティブは,ディレクトリが変わるたびにユーザに表示されるべき ASCII テキストファイルを設定します.DisplauFirstChdir? の昔の挙動が欲しい場合,オプション "true" を使用して下さい.ファイルは,ユーザがディレクトリに初めて入る場合又は,前回の CWD 以降最終更新時刻が変わっている場合に表示されるでしょう.ファイル名が相対の場合,ユーザが新しいディレクトリに変わった際に探されます.

DirFakeGroup?DirFakeUser? の両方は完全に表面的なものです; 指定されたグループ名またはユーザ名は,システム上に存在する必要は無く,どちらのディレクティブも,まったくパーミッション,オーナー,アクセス制御に影響しません.匿名ログイン ( <Anonymous> を参照して下さい)の場合,ファイルは chroot() ファイルシステムスペース内に存在する必要がある事に注意して下さい.ファイルが見つからない又はアクセス出来ない場合,エラーは全く起こらず,何もクライアントに記録されませんし表示されません.

DisplayChdir?DisplayConnect?DisplayLogin?,及び DisplayQuit? は,以下のマジッククッキー (0.99.0pl10 以降) をサポートします.ユーザに表示される前にそれぞれの文字列と置換されます.

%C 現在の作業ディレクトリ
%E サーバ管理者の E-Mail アドレス
%F バイト単位のファイルシステム利用可能空間
%f ユニット単位のファイルシステム利用可能空間
%i このセッション中にアップロード (インプット) されたファイル数
%K バイト単位のトータル転送量
%k ユニット単位のトータル転送量
%L ローカルホスト名
%M 人称されているクライアントの最大数
%N 人称されているクライアントの現在の数
%o このセッション中にダウンロード (アウトプット) されたファイル数
%R リモートホスト名
%T 現在の時間
%t このセッション中に転送された (アップロードとダウンロード) ファイル数
%U ログインしているユーザの名前
%u ident プロトコルが通知しているユーザ名
%V (存在していれば) バーチャルホスト名
%x ユーザのクラス名
%y ユーザクラス単位の現在の接続数
%z ユーザクラス単位の最大接続数
%{total_bytes_in} このセッション中にアップロード (インプット) されたバイト数
%{total_bytes_out} このセッション中にダウンロード (アウトプット) されたバイト数
%{total_bytes_xfer} このセッション中に転送 (アップロードとダウンロード) されたバイト数
%(total_files_in} このセッション中にアップロード (インプット) されたファイル数
%(total_files_out} このセッション中にダウンロード (出力) されたファイル数
%(total_files_xfer} このセッション中に転送 (アップロードとダウンロード) されたファイル数
注意: これらの全ては,使用されるコンテキストに依存してきちんとした値を持たないかもしれません (例, %u ident が Off の場合).

参照

DisplayConnect? DisplayLogin? DisplayQuit?

# DisplayFirstChdir? の古い使用方法
DisplayChdir? /home/ftp/filetodisplay true

オリジナルドキュメント

http://www.proftpd.org/docs/directives/linked/config_ref_DisplayChdir.html


Hiroyuki Seino http://www.seichan.org/ http://www.seichan.org/blog/
Today:1 Yesterday:0 All:3200